IAMAS

メディアデザイン演習

 「データは21世紀の油田」と言われるように、AI、IoT、5G、ビッグデータの統合は莫大な富を生み出し、またSociety5.0のようにさまざまな社会課題に対応するための基幹技術と位置付けられています。一方、機械学習による推定精度の向上と社会応用が進む中で、手間も時間もかかる情報の視覚化と人の認知能力による状況推定の必要性は捨象されています。

 こうした背景を踏まえて本演習では、メディア技術の変遷からデザイン手法を読み解き、情報社会を批評的に捉えます。個人や社会から生み出される日々の情報の中に潜む現象・事象・関係性を可視化・可聴化といった方法で変換し、「知覚化」の意味を再構築するための新たな表現手法の開拓と思索を試みます。

担当教員

講義形態

演習

講義計画・項目

  • 1・2・3
    • 導入
    • 講義「情報可視化とは何か」情報可視化の歴史
  • 4・5・6・7
    • 講義「データ社会と可視化」データ化する社会の問題
    • Processingによる演習:2Dの可視化、3Dの可視化
  • 8・9・10・11
    • 課題説明<感じるための可視化をデザインする>
    • 構想・発表(テーマ・手法)
  • 12・13・14・15
    • 制作(中間・進捗)
    • 発表・ディスカッション

教科書・参考書等

必要な場合、適宣配布します。

IAMASからのお知らせ