RCIC
Research Center for Industrial Culture 情報科学芸術大学院大学 産業文化研究センター

Ogaki Mini Maker Faire 2018

つくることから、はじめよう。
もの あそび ぶんか

Ogaki Mini Maker Faire 2018がソフトピアジャパン・センタービルにて2018年12月1日から2日間にわたって開催、約7,000名が来場した。

プロジェクトの目的

Ogaki Mini Maker Faire 2018は、岐阜県大垣市のソフトピアジャパン地区において2018年12月1日から2日間に渡って開催したDIYの祭典。全国から集まった様々な分野のつくり手「Maker(メイカー)」たち144組(約400名)と約7,000名の来場者が参加した。出展者の分野は、電子工作やロボット、クラフト、ペーパークラフト、電子楽器、サイエンス工作、リサイクル/アップサイクルなど多岐に渡った。個人や教育機関、企業など多様な立場のMakerたちがつくったものを見せ、語り、その楽しさを共有する機会をイベントとして提供することにより、長期的には文化を醸成すること目的に、2010年から隔年で開催し、全国的にも知られた地域主催のイベントとしてすっかり定着した。

連携のプロセス

連携のきっかけ

2010年から隔年で開催してきたMini Maker Faireの継続的な開催を検討し、IAMASとして開催すべきであるという判断に至ったため、日本国内でのMaker Faireライセンス元であるオライリー・ジャパンに開催の意志を伝えた。

具体的な進め方

2018年1月:オライリー・ジャパンとミーティング
4月:実行委員会発足に向けての準備
5月:第1回実行委員会開催
8月:出展者募集開始
12月:Ogaki Mini Maker Faire 2018開催

IAMASの関わり方

実行委員会の中心的な存在として、産業文化研究センターと事務局で企画から運営までを担当した。

連携の成果

140組以上の出展者と約7,000人の来場者が参加し、多様な作品の展示やワークショップを通じて交流し、楽しさが次々と拡がる風景をつくり出し、地域が自発的に開催するコミュニティベースのMaker Faireとして定着した姿を提示できた。

参加教員のコメント

小林 茂

イベント自体が地域に定着したのに加えて、「IAMAS先端IT・IoT利活用啓発事業2018」の成果展示を組み合わせたことにより、生活の中にテクノロジーが溶け込んだ風景と、IAMAS卒業生の活躍を多くの来場者に見ていただけたのは良かった。

  • プロジェクト名

    Ogaki Mini Maker Faire 2018

  • 連携場所

    ソフトピアジャパン・センタービル

  • 担当教員

    • 小林 茂
    • 具志堅 裕介
    • 伊藤 晶子
  • 協力者/参加学生

    大山千尋(中村直永デザイン事務所)

  • 連携先

    Ogaki Mini Maker Faire 2018実行委員会
    株式会社オライリー・ジャパン

  • 連携期間

    2018年4月〜2018年12月