IAMAS ARTIST FILE #07
ウィデオー/からだと情報
videō body & information

2021.12.21(Tue)-2022.03.06(Sun)
10:00~18:00 [入場は17:30まで]


岐阜県美術館[展示室2]

The Museum of Fine Arts, Gifu

岐阜県美術館とIAMAS *が2013年から2019年まで6回に渡って共催したIAMAS ARTIST FILE シリーズの7回目。本展では、映像メディアによる表現を展開してきた3名のIAMAS出身アーティストを紹介します。展覧会タイトルは「ウィデオー/からだと情報」。普段よく耳にする電子的な映像を表す「ビデオ」の語源は、ラテン語の「videō (ウィデオー)」であり、それには「私は見る」といった意味があります。映像表現のなかでも「からだと情報」の関係に着目した三人三様の「見る仕事」を展示します。

* IAMAS(イアマス)=岐阜県立情報科学芸術大学院大学の略称

休館日:
月曜日 [祝日の場合はその翌平日]、
年末年始 [12月27日(月)- 2022年1月4日(火)]

夜間開館日:
2022年1月21日(金)、 2月18日(金)は20:00まで開館 [入場は19:30まで]

観覧料:一般340円(280円)、大学生220円(160円)、高校生以下は無料

※( )内は20名以上の団体料金
※所蔵品展示、「日本洋画 美の系譜」の観覧券でご入場いただけます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料

主催:岐阜県美術館、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]
協力:IAMAS タイムベースドメディア・プロジェクト


本展は、今年度の「アーティスト・イン・レジデンス」(岐阜県内での滞在制作支援事業)で 制作された作品を、あわせて展示します。

プロフィール

木村悟之|KIMURA Noriyuki


1977年生まれ。映像作家。IAMAS修了。自ら設定した規則に従って撮影を行う『軌跡映画』が代表作。主な展覧会・発表に、2019年「21st DOMANI・明日展」(国立新美術館)、2015年、第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展(国立新美術館、審査員推薦作品)、2014年、第60回オーバーハウゼン国際短編映画祭(Second Prize, MuVi Award, ドイツ)、2013年、Film by Music(山口情報芸術センター[YCAM])。2006年、DVD『軌跡映画 1』をSOL CHORDより出版。2016-2017年、文化庁新進芸術家海外研修員、ドイツ(ケルンメディア大学(KHM)およびデュッセルドルフ)滞在。現在、石川県を拠点に活動。

萩原健一|HAGIHARA Kenichi


1978年山形生まれ。研究者/映像作家。2002年にIAMASマルチメディアスタジオ科DSPコース入学。写真表現を軸に、映像メディアを用いて作品制作をおこなう。2005年文化庁新進芸術家国内研修として山口情報芸術センター[YCAM]滞在後、2007年、IAMAS修了。IAMAS助教を経て、2017年より秋田公立美術大学准教授。企業やプログラマーと協働したメディア教育教材の開発を研究の軸としている。『sight seeing spot』にてART AWARD TOKYO 2007特別賞受賞、また同作品は第11回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品となる。主な展覧会に、scopic measure#6(山口情報芸術センター, 2007)、Media/Art Kitchen(東南アジア, 2013)など。

堀井哲史|HORII Satoshi


1978年生まれ。ビジュアルアーティスト/プログラマー。ライゾマティクス所属。東京造形大学デザイン学科、国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS**]DSPコース卒。既存のソフトウェアやツールに頼らない、コンピュータならではの動的な絵作りからプログラミングまで一貫して行い、インタラクティヴ作品、映像制作を、エンターテインメント、アート等様々なフィールドで行っている。プログラミング/デザインを担当した『Perfume Global Site Project』は第16回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞、カンヌ国際広告祭等多数受賞。2014年、elevenplayの『MOSAIC』では映像を担当、14年度のD&AD年鑑に、脳波をビジュアライズしたグラフィックを提供するなど、形態にとらわれない制作活動をしている。
**専修学校(1996-2012)。2001年に情報科学芸術大学院大学が併設され、共にIAMASの略称。

アクセス



岐阜県美術館

https://kenbi.pref.gifu.lg.jp
〒500-8368 岐阜県岐阜市宇佐4-1-22 Tel. 058-271-1313

電車をご利用の場合

JR東海道線
JR東海道本線「西岐阜駅」下車  → 南口から徒歩で15分
JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス
名鉄
名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス

バスをご利用の場合

岐阜バス
(鏡島市橋線)
JR岐阜駅前[6番乗場]または名鉄岐阜駅前[1番乗場]で「市橋」行きに乗車(約15分)⇒「県美術館」下車

岐阜市コミュニティバス
西ぎふ・くるくるバス
1日7便
市橋地区循環、JR西岐阜駅南口から乗車(約5分、復路約30分)]
すまいるバス
1日9便
三里·本荘地区循環、「県図書館・美術館」下車


自家用車の場合

名神高速道路
岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km
東海北陸自動車道
岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km

駐車場のご案内

県図書館地下駐車場、美術館・図書館東駐車場または西駐車場をご利用ください。(無料)
※美術館北東の「おもいやり駐車場」(6台)もご利用いただけます。(無料)

おしらせ

新型コロナウィルス感染症拡大防止対策のため、予定を変更する場合があります。事前に岐阜県美術館のWebサイトでご確認ください。 

来館者のみなさまへお願い |岐阜県美術館では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、安全に配慮した取り組みを行っています。
ー 発熱、咳などの風邪症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
ー 入館にあたり、マスクの持参・着用、こまめな手洗い・消毒、 来館者同士の距離の確保にご協力ください。


同時開催

展示室1 所蔵品展示
展示室3 「new-fashioned:日本洋画 美の系譜」2021年12月10日(金)- 2022年3月13日(日)
アトリエ 「AiM Vol.11横山奈美」作品展示 2021年12月21日(火)- 2022年1月23日(日)


企画:
岐阜県美術館(西山恒彦)
情報科学芸術大学院大学[IAMAS](前田真二郎)


設営・技術: 山田聡
デザイン: 岡澤理奈
協力: IAMAS タイムベースドメディア・プロジェクト