RCIC
Research Center for Industrial Culture 情報科学芸術大学院大学 産業文化研究センター

ABOUT RCICとは

産業文化研究センター(Research Center for Industrial Culture 通称RCIC)は2011年度より開設されたIAMASの附置研究機関です。産業文化に関する学際的・総合的な研究を行うとともに、学外の諸機関との連携を図りつつ、本学の社会的機能を維持・発展させることを目的とし、以下の3つを軸として活動しています。

IAMASの活動の社会的な展開を目指す 「地域連携・産学官連携活動」

IAMASの活動を広く社会に広めるための 「広報・情報アーカイブ活動」

教育・文化的な貢献や情報発信を目指した 「文化活動」

MISSION RCICのミッション

地域連携・産学官連携活動


IAMASの教育研究活動を広く社会に周知し、また、研究成果を活かした地域連携や産学官連携を行っています。県内外の企業、自治体や教育機関、非営利団体や地域コミュニティ等とさまざまな連携を試行しています。


広報・情報アーカイブ活動


IAMAS Webサイトの運営、広報物の制作・管理、アーカイブ機能としての展覧会カタログ等の刊行物制作、学内イベントの記録構築等を行っています。また、県内の研究機関・研究者とのネットワーク構築や、IAMAS卒業生との連携・協力等によるIAMASネットワークの強化にも力を入れています。


文化活動


教育・文化機関とのネットワークを築き、学内での展覧会・交流会やイベント等、さまざまな文化的な催しの運営・補助を行っています。また、大小さまざまなレクチャーやシンポジウムの企画・運営も行っています。

STAFF スタッフ

センター長を含む教員 2 名、研究員 2 名、情報支援専門職員 1 名、技術支援専門職員 1 名で運営しています。

FACILITIES 施設

RCICにはデジタル工作機器を備えたイノベーション工房や、RCICの打ち合わせ以外に授業やイベント等でも活用されるカフェスペース等、幾つかの付帯施設があります。

RCIC

ワークショップ24の5Fに位置するRCICで、スタッフは執務を行なっています。

イノベーション工房

3Dプリンターやレーザー加工機、CNC等のデジタル工作機器や3Dモデリング機器を備えた工房です。見たり、触れたり、感じたりできるプロトタイプをつくりながら、アイデアを発展させる拠点です。
http://kobo.iamas.ac.jp/


Rカフェ

小規模なレクチャーやワークショップ、ミーティング等、自由に使うことが出来るカフェスタイルのオープンスペースです。

会議室R

外部とのミーティング以外にも、少人数制の授業や学内向けトークイベントで活用されるスペースです。

ギャラリー

作品展示の他、コンサートやワークショップ等にも使用可能な多目的スペースです。

ACCESS 交通機関

各都市から大垣へ

アクセス方法

周辺図

地図

大垣駅より
○タクシー:JR大垣駅南口から約5分
○バス:JR大垣駅南口から3番乗り場ソフトピア線・羽島線「ソフトピアジャパン」行き約10分(1時間に2~3便程度)

所在地

〒503-0807
岐阜県大垣市今宿6丁目52番地18 ワークショップ24 5階
IAMAS 産業文化研究センター [RCIC]
TEL 0584-75-6606