RCIC
Research Center for Industrial Culture 情報科学芸術大学院大学 産業文化研究センター

ABOUT RCIC RCICとは

産業文化研究センター(Research Center for Industrial Culture 通称RCIC)は2011年度より開設されたIAMASの附置研究機関です。産業文化に関する学際的・総合的な研究を行うとともに、学外の諸機関との連携を図りつつ、本学の社会的機能を維持・発展させることを目的とし、以下の3つを軸として活動しています。

IAMASの活動の社会的な展開を目指す 「地域連携・産学官連携活動」

IAMASの活動を広く社会に広めるための 「広報・情報アーカイブ活動」

教育・文化的な貢献や情報発信を目指した 「文化活動」

ARCHIVES 事例

メディア表現を活用した体験型学習のデザインー「イアマスこどもだいがく2023」

IAMASでは、芸術や科学といった領域を越えた新しい「もの」や「こと」を創造する研究、教育を行っている。この理念を小学生向けに展開し、いわゆる図画工作や科学実験といった枠組みを超えた思想や発想の育成を目指して、2017年から大垣市と連携してユニークなワークショ...

博物館での教育普及活動におけるAR教材コンテンツ活用に関する研究ー「人工衛星」をARで体感するアプリケーション開発

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称:空宙博 そらはく)では、今年度から子ども向け講座のトータルデザインのひとつとして、空宙博の展示を構成する人工衛星をARを通して学習・鑑賞するシステムを設計し、空宙博と協働で子どもたちが体験的に学習する展示空間のあり方を検討...

学習資源を活用した学習環境デザインに関する研究ー子ども向け講座「ジュニア宇宙博士認定講座」のトータルデザイン

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称:空宙博 そらはく)では、2022年から子ども向け講座「ジュニア宇宙博士認定講座」のデザインをIAMASの施設「イノベーション工房」およびIAMAS卒業生のデザイナーと連携して展開している。
今年度は、学習テー...

IAMAS GRADUATE Interview
IAMAS卒業生のインタビューはこちら