VCarvePro SBPファイルの作成【2D】

VCarvePro の起動

  • VCarveProを起動します。

ジョブセットアップ

  • 新規ファイル作成を選択し、材料の大きさを記入します。
  • XY軸の方向に注意してください。(長手方向がX軸になります。)
  • なれない方はZ軸原点は受板(下)に設定してください。
  • 切り抜き加工をしたい場合は厚さを0.5mmほど厚めに設定してください。
  • 厚さはノギス等で正確に計測してください。

ベクトルをインポート

  • ベクトルデータをインポートします。
  • VCarveProのベクトル作成ツールで作成することもできます。

フィレットの追加

必要に応じてベクトルデータにフィレットを追加します。

工具経路の設定

工具経路は操作画面右上の工具経路タブより編集できます。

2D輪郭工具経路】

ベクトルに沿いを切削する工作経路です。

切り抜き加工などに適した経路です。

  1. 切削深さを入力
  2. 工具[1/4″Down-cut(57-910)]に設定されていることを確認
  3. ベクトルの加工:ベクトルの外側、内側、中央のいずれかを選択
  4. タブの設定(※切り抜き加工をする場合は必ず設定してください。)
  5. [工具経路にタブを追加]にチェックを入れ、[タブを編集]
  6. 固定値にタブの数を入力し、[タブを追加]
  7. 計算

 

 

 

ポケット工具経路】

ベクトル内全体を切削します。

  1. 切削深さを入力
  2. 工具[1/4″Down-cut(57-910)]に設定されていることを確認
  3. クリアポケット:オフセットもしくはラスターを選択
  4. オフセット:ベクトルに沿い、内側に向かって渦巻き状に切削
  5. ラスター:ベクトル内部を一定の角度の直線で切削
  6. 計算
【穴あけ加工】
  • エンドミルで指定された深さの穴を開けます。
  • ビス止めの位置を確認するために使用することもできます。

工作経路プレビュー

  • 作成した工作経路を3Dビューでプレビューできます。
  • データ保存前に必ずプレビューで加工内容を確認してください。

推定予測時間の確認

  • 推定加工時間より、おおよその加工時間が確認できます。

工具経路*.sbpファイルの保存

  1. 工具経路保存します。
  2. 保存される工具経路を確認
  3. ポストプロセッサShopbot TC(mm)(*.sbp)になっているか確認
  4. [工具経路をファイルに保存]で任意の名前を付けて保存。

 

VCarveProデータ*.crvの保存

  • 工具経路(.sbp)は書き出し後、VCarveProに読み込むことができません
  • 編集したVCarve Files(.crv)ファイルを必ず保存してください。
  1. 右上、メニューバー ファイル>名前を付けて保存
  2. 任意の名前を付けて保存。