UP Plus 2 本体の準備

起動

  • 本体背面にある電源を入れる
  • PCと本体をUSBケーブルで接続し、UP Studioを起動する

初期化

  • 本体正面のスイッチを長押し、もしくはソフトウェア上の初期化ボタンを押す
  • 本体から数回ビープ音が鳴り、本体正面のランプが緑色に点灯していることを確認する

プラットフォーム水平調整

  • キャリブレーションツールに専用ケーブルをしっかり挿し込む
  • 本体ノズルにキャリブレーションツールを取り付ける
  • キャリブレーションウィンドウAuto Levelよりキャリブレーションを開始する
  • キャリブレーションの終了後、9箇所の数値が全て0.5以内に収まっていることを確認する
  • キャリブレーションツールを外し、ケーブルを元の位置に戻す

ノズル高さ調整(手動)

  • ノズルを中央など、調整しやすい位置に移動する(キャリブレーションウィンドウで、移動したい位置の番号をクリックする)
  • 名刺程度の厚紙をプレート上に配置する
  • 厚紙を動かした時、ノズルが軽く当たる程度の高さまでプレートを上げる
  • Setをクリックし、Nozzle Heightが更新されたことを確認する
  • Confirmをクリックし、ウィンドウを閉じる

フィラメントの挿入

  • 一番下のアイコン内のExteludeをクリックすると、本体から一度ビープ音が鳴りノズルの加熱を開始する
  • 本体からもう一度ビープ音がなったら、突き当たるところまでフィラメントを挿入する
  • ノズル先端からフィラメントが出ていることを確認する
  • 再びビープ音が鳴り、フィラメントが出てこなくなったら余計なフィラメントを取る

フィラメントの除去

  • 一番下のアイコン内のWith Drawをクリックする
  • 加熱開始時、除去開始時、除去終了時に本体からビープ音が鳴る
  • 3回目のビープ音が鳴ったら挿入口からフィラメントを取り出す