UJF-3042MkⅡ 印刷方法

本体の立ち上げとテストプリント

  • 本体操作パネルのPOWERボタンを押し、本体を起動する。
  • 本体が起動したら、テストプリント用紙をテーブルに配置し、本体のカバーを閉じる。
  • 本体操作パネル[FUNC2]>テストプリント>スキャン方向よりテストプリントを開始。
  • テストプリント終了後、プリントに抜け等の異常がないか確認。
  • 異常が確認された場合はスタッフへクリーニングを依頼する。

印刷メディアの設置

  1. ホコリや手垢などの汚れを拭き取る
  2. 本体テーブルに設置する(※前方右側のマークが原点)
  3. マスキングテープなどで固定する
  4. カバーを閉じ、[FUNC3]REMOTOボタンを押し、高さを検出する

RIPソフト操作方法

  1. Mimaki RasterLink6 を起動する
  2. ファイル>開く より印刷データを読み込む
  3. ジョブ一覧より印刷データを選択
  4. 印刷条件]より解像度を選択
  5. 通常印刷]を選択し、印刷位置を確認
  6. 実行]RIP後印刷を選択し、印刷を開始する

印刷メディアの取り外しと片付け

  1. 印刷が終了したことを確認し、メディアを取り外す
  2. テープの粘着面や、汚れがあれば取り除く
  3. プリントがはみ出た場合はエタノール等を使用しテーブル面を掃除する
  4. 不要なRIPソフトのジョブを削除する