IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 教員

シンポジウム
「音が都市を創る~サウンドデザインが未来を拓く~」

2019年1月31日、アクトシティ浜松コングレスセンターにて、シンポジウム「音が都市を創る~サウンドデザインが未来を拓く~」が開催されます。三輪眞弘教授がパネリストとして参加します。

地域の特性を活かしながら、社会の課題を解決したり、新たな価値を創出するには、創造性とイノベーションが不可欠です。浜松市は、世界に誇る多くの起業家や産業技術、個性豊かな文化を生み出してきた創造都市です。地域の人々が多様な伝統文化を受け継ぎ、人材や技術の集積を活かしたまちづくりに取り組み、「ものづくりのまち」「音楽のまち」として発展してきました。そして今、音(サウンド)に対する考え方を広げ、医療、教育、福祉、環境など様々な分野への“音のチカラ”の活用に向けて挑戦を始めています。このシンポジウムでは、最先端のテクノロジーや分野横断的なアプローチが広げる、都市の新たな可能性について考えます。

Webサイト/チラシ より

日時

2019年1月31日 16:00 ~ 17:40

会場

アクトシティ浜松コングレスセンター41会議室 (浜松市中区板屋町111-1)
http://www.actcity.jp/floor/congress/access.php

定員

200人(要申込)

入場料

無料

主催

浜松市

関連人物

IAMASからのお知らせ