IAMAS

活動告知

展示 卒業生

フィジーク トス

3月6日からアキバタマビ21でグループ展「フィジーク トス」が開催されます。この展示に卒業生の時里充さんが参加します。3月16日には、細田成嗣さん(ライター/音楽批評)と参加作家によるトークイベントが開催されます。

「フィジークの選手はサーフパンツを履く」。この一文は「柔道の選手は道着を着なければならない」という競技におけるルールを示しているだけではない。スポーツの大会において多くの場合、着用する衣類には規定が存在する。そのほとんどが選手たちの能力を純粋に見極めるために、その外的な要因となる部分をできる限り均質化しようとするものであろう。フィジーク選手のサーフパンツはそうした規定であると同時に、競技の審査に作用するものである(ナイストスはプレイに影響する)。どうしようもなくある規定や約束事はフォーマットと言ってみてもいいかもしれない。そんなフォーマットに対して「のる」でも「おりる」でもなく「つかってみる」。

フィジーク トス」開催概要より引用

会期

2019年3月6日 - 2019年3月31日 12:00 ~ 19:00 (金・土および3月6日・7日は20:00まで)

会場

アキバタマビ21 (東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 201・202)
http://www.akibatamabi21.com/access/

休場日

火曜日

出展作家

ucnv、本山ゆかり、小林椋、時里充

関連イベント

オープニングレセプション
2019年3月6日(水)17:00〜20:00

ゲスト+参加作家によるトークイベント
2019年3月16日(土)16:00〜19:00
トークゲスト:細田成嗣(ライター/音楽批評)

IAMASからのお知らせ