IAMAS

活動告知

展示 卒業生

Quasicrystal コードによる織物の探求

2020年10月24日からHOSOO GALLERYにて開催される展覧会「Quasicrystal コードによる織物の探求」に、卒業生の古舘健さんと堂園翔矢さんが参加します。
京都西陣 HOSOOと古舘健さんは、2017年より織物の根源的な構成要素である「組織」に関する研究開発事業に取り組み、2019年から堂園翔矢さん、アーティストの平川紀道さん、数学者の巴山竜来さんと共に、プログラミングによる新たな織組織の開発を展開してきました。
この展覧会では、この研究開発に基づき制作された新作を公開します。

京都西陣 HOSOOは、2017年より、古舘健(アーティスト/プログラマー)と共に、織物の根源的な構成要素である「組織」に関する研究開発事業に継続して取り組んでいます。

2019年からは、平川紀道、堂園翔矢、巴山竜来というアート、デザイン、数学と異なる領域でコンピューテーションによる表現や研究活動を行う3名を迎え、プログラミングによる新たな織組織の開発を展開してきました。本展では、この研究開発に基づき制作した新作を展覧会として公開いたします。

この研究開発プロジェクトの主題となっている「Quasicrystal(準結晶)」とは、ある規則性を有しつつも、周期性のない結晶構造のことです。織物組織は元来、ある一定の規則性を有した織組織によって構成されてきました。西陣織も、他の織物と同じく、主には「平織」「斜文織」「朱子織」と呼ばれる三原組織と、これらを応用した変形組織によって構成され、組織の組み方の妙により、紋様や質感表現を巧みに変化させてきました。織組織とは、これらの三原組織を基礎として、長い年月職人の経験値によって培われ、継承されてきたものです。本研究開発プロジェクトでは、この織組織を、コンピューター・プログラムのコードによって生成することにより、有史以来培われてきた「完全組織」とは異なる発想から織物の制作に取り組みます。

概要より引用

会期

2020年10月24日 - 2021年2月13日 10:30 ~ 18:00 (日曜日・祝日・年末年始を除く、入場は閉館の15分前まで)

会場

HOSOO GALLERY (〒604-8173 京都市中京区柿本町412 HOSOO FLAGSHIP STORE 2F)
https://www.hosoogallery.jp/

入場料

無料

IAMASからのお知らせ