IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 在校生 教員

トークイベント「パブリックとスペース」

2020年2月24日(月・祝)にみんなの森 メディアコスモス かんがえるスタジオにて、これからの創造のためのプラットフォーム主催のトークイベント「パブリックとスペース」が開催されます。
東日本大震災後にせんだいメディアテークにおいて市民参加・協働型の「3がつ11にちをわすれないために センター」を設立したアーティスティック・ディレクターの甲斐賢治さん、創造的な「公民館」の利用、発展のために地域住民とともに取り組む那覇市若狭公民館館長の宮城潤さん、情報科学芸術大学院大学においてレクチャーシリーズ「これからの創造ためのプラットフォーム」を主催する前林明次教授が話し合います。モデレーターは香川県豊島においてオルタナティブスペース「てしまのまど」を主宰する、美術家・安岐理加さんが努め、公民館、図書館、大学、カフェなどそれぞれが担う「パブリック」の役割と可能性について、議論します。

開催日時

2020年2月24日 18:30 ~ 20:30 (入場料無料、予約不要)

会場

みんなの森 メディアコスモス かんがえるスタジオ (岐阜県岐阜市司町40−5)

出演

甲斐 賢治(せんだいメディアテーク アーティスティック・ディレクター)
宮城 潤 (那覇市若狭公民館館長(指定管理者 NPO 法人地域サポートわかさ)/ パーラー公民館用務員)
前林 明次 (情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] 教授 / アーティスト)
安岐理加(てしまのまど代表/ 美術家)

IAMASからのお知らせ