IAMAS

活動告知

展示 卒業生

注文の多いからだの錯覚の研究室展(名古屋電映博2020)

2020年11月27日から29日の3日間、名古屋市青少年文化センター・アートピアにて「注文の多いからだの錯覚の研究室展」が開催されます。この展示に卒業生の小鷹研理さん(名古屋市立大学芸術工学研究科情報環境デザイン領域 准教授)と卒業生の佐藤優太郎さん(名古屋市立大学芸術工学研究科・博士後期課程在学)が出展します。

小鷹研究室が考案する「身体の伸縮感覚」、「重力反転感覚(幽体離脱)」、「頭部離脱感覚」「ボディジェクト錯覚」(身体のモノ化)、「身体の透明化」など、VRコンテンツや錯覚装置を用いた体験型の展示となります。

会期

2020年11月27日 - 2020年11月29日 11:00 ~ 19:00 (最終日は17:00まで)

会場

名古屋市青少年文化センター・アートピア(ナディアパーク内デザインセンタービル7F) (愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号)
https://www.bunka758.or.jp/scd03_access.html

関連イベント

ゲストトーク
「気持ちいい」と「気持ちわるい」の錯覚論、メディアアートとの対話
日時:2020年11月28日 14:00 〜 16:30
登壇者:谷口暁彦(アーティスト)、水野勝仁(インタフェース研究者)、小鷹研理
定員:25名程度を予定
料金:1500円
協賛:名古屋市立大学・環境デザイン研究所
場所:7th Cafe(ナディアパーク 7F)

錯覚レクチャー
注文の多いからだの錯覚の研究室、23のメニューブック
日時:2020年11月29日 13:00 〜 15:00
登壇者:小鷹研理、佐藤優太郎(名古屋市立大学芸術工学研究科・博士後期課程在学中)
定員:20名程度(小学生以上)を予定
料金:1000円
場所:7th Cafe(ナディアパーク 7F)

主催

(公財)名古屋市文化振興事業団(青少年文化センター)

IAMASからのお知らせ