IAMAS

活動告知

展示 卒業生

3.11とアーティスト:10年目の想像

高嶺格《ジャパン・シンドローム水戸編》2012

2021年2月20日(土)から5月9日(日)まで、水戸芸術館現代美術ギャラリーにて「3.11とアーティスト:10年目の想像」が開催されます。この展覧会に卒業生の高嶺格さんが出品します。

2021年3月、東日本大震災から10年目を迎えます。
当時自らも罹災し、臨時の避難所となった当館では、2012年に展覧会「3.11とアーティスト:進行形の記録」を開催しました。同展では震災を受けてアーティストが行ったさまざまな活動を、芸術であるか否かを問わず、時間軸に沿って紹介しました。大規模な災害を経験したばかりの頃、アートの意味や役割が問い直されるさなか、アーティストらがとった行動の大半は、支援と記録を主眼に置いたものでした。
あれから10年。アーティストたちは今や「作品」を通してあの厄災に応答しています。
本展では「想像力の喚起」という芸術の本質に改めて着目し、東日本大震災がもはや「過去」となりつつある今、あの厄災と私たちをつなぎ直し、あのとき幼かった世代へ、10年目の私たちへ、そして後世へと語り継ごうとする作品群を紹介します。
なぜなら、東日本大震災が露わにした問題の一つは、私たちの「想像力の欠如」だったからです。しかし、ものごとを想像する/させることは、そもそも芸術の重要な仕事の一つではなかったでしょうか。

3.11とアーティスト:10年目の想像」 Webサイトから引用

会期

2021年2月20日 - 2021年5月9日 10:00 ~ 18:00 (入場は17:30まで)

会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー (茨城県水戸市五軒町1丁目6-8)

休館日

月曜日
※5月3日(月・祝)は開館

入場料

一般 900円/団体(20名以上)700円
高校生以下・70歳以上、障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※3月11日はどなたも無料

出品作家

加茂昂、小森はるか+瀬尾夏美、佐竹真紀子、高嶺格、ニシコ、藤井光、Don’t Follow the Wind

IAMASからのお知らせ