IAMAS

活動告知

展示 プロジェクト

Action Design Research Project「協働的デザイン環境のプロトタイピング」

第1期:2月4〜13日

第2期:2月14〜19日

2021年2月4日から26日まで、Action Design Research Project「協働的デザイン環境のプロトタイピング」の展示を開催いたします。
ポストコロナ時代のワークスペースの検討を経て、冨田太基が設計する空間デザインシステム「Kiosk」(2017-)を題材に、藤工芸株式会社との協働の成果を発表します。ソフトピアジャパンセンタービル1Fふれあい広場北側に「Kiosk」を設置し、既存の公共空間に新たな動線や機能を付加する試みです。

第1期(2月4〜13日)にはIAMASからレイアウトの提案を行い、第2期(2月14〜19日)には藤工芸株式会社がその改変案を提示し、IAMAS2021を含む第3期(2月20〜26日)には再度IAMASが新たなレイアウト案を設置する予定です。

協働を通して、個人による制作環境としてのデジタルファブリケーションを起点としながら、従来の産業技術との併用可能性やデザインプロセスのとらえ直しを実証的に示すことを目指しています。

会期

2021年2月4日 - 2021年2月26日 (2月14日、20日にKioskのレイアウト変更を行います。)

会場

ソフトピアジャパンセンタービル 1F (岐阜県大垣市加賀野4丁目1-7)

プロジェクトメンバー

赤羽亨、伊村靖子、冨田太基、伊澤宥依、阿部和樹、五十川雄貴、徳毛郁哉

協力

安藤英希、福盛百香(藤工芸株式会社)、LAP

関連人物
関連プロジェクト

IAMASからのお知らせ