IAMAS

活動告知

展示 受賞 在校生 卒業生

アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム
汗かくメディア2019受賞作品公開展示

2019年10月12日より、愛知県児童総合センターにて「アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム 汗かくメディア2019受賞作品公開展示」が開催されます。この展示に、修士2年柴田英徳さん、産業文化研究センター[RCIC]の野呂祐人研究員と修士2年工藤恵美さんのアートワークショップユニット「コココ」が出品します。

愛知県児童総合センターが開館した1996年に、「アートと遊びと子どもをつなぐプログラム」の公募が始まりました。2002年に愛知万博開催による休館に伴い公募は中断しましたが、2006年の再開館後、「アートと遊びと子どもをつなぐメディアプロブラム」として公募を再開し、2016年までの10年間さまざまなプログラムが提案・展開されたことを受け、1つの区切りとしました。
そしてこの度2019年、[アート]と[あそび]と[メディア]の原点に立ち返り、2年ぶりに公募を再開し選ばれた「汗かくメディア2019」受賞作品三点の公開展示をおこないます。
新たに始まる、愛知発、世界ではじめての「あそび」を体験してください。

開催概要より

会期

2019年10月12日 - 2019年10月27日 09:00 ~ 17:00

会場

愛知県児童総合センター (愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内)
https://www.acc-aichi.org

休館日

10月15日、10月21日

受賞作品

ささえてハウス/SHIBATA Hidenori
モノトーク・シリーズ/コココ
けだまマン/NODE

IAMASからのお知らせ