IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 卒業生

「Cultural Future Camp:インクルーシブ・デザインで新しい文化体験を共創する」短期集中ワークショップ

2022年2月17日から2月20日まで、「Cultural Future Camp:インクルーシブ・デザインで新しい文化体験を共創する」短期集中ワークショップが開催されます。東京都歴史文化財団「クリエイティブ・ウェル・プロジェクト」と筑波技術大学と協働し、芸術文化における「情報アクセシビリティ」をテーマに、障害当事者を巻き込むデザイン手法「インクルーシブ・デザイン」を取り入れたプログラム「Cultural Future Camp:インクルーシブ・デザインで新しい文化体験を共創する」の一環として、4日間にわたり、多彩な講師やファシリテーターと参加者が、協働で芸術文化の新しい楽しみ方の開発に取り組みます。
このワークショップに卒業生の金箱淳一さん、長谷川愛さんが講師として参加します。

会期

2022年2月17日 - 2022年2月20日

会場

東京都江戸東京博物館 会議室 (東京都墨田区横網1丁目4-1)

講師・ファシリテーター陣

犬飼博士(eスポーツプロデューサー、ゲーム監督、運楽家)
筧康明(メディア研究者/デザイナー、東京大学大学院 情報学環・学際情報学府准教授)
鹿子澤拳(ダンサー)
金箱淳一(神戸芸術工科大学助教、楽器インタフェース研究者)
冠那菜奈(アートメディエーター)
小林紗織(アーティスト)
杉山幸代(東京文化会館)
多田和代(東京芸術劇場)
伊達亘(東京大学大学院 情報学環・学際情報学府特任研究員)
鳥居茜(東京都現代美術館教育普及係学芸員)
中西宣人(フェリス女学院大学准教授、株式会社A-KAK取締役、楽器デザイナー、サウンドデザイナー)
兵藤茉衣(株式会社precogチーフプロデューサー)
松尾政輝(国立研究開発法人産業技術総合研究所特別研究員)
森敦史(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター技術補佐員)
長谷川愛(アーティスト)  ほか

プログラム

1日目(2月17日) 
・参加者による活動紹介
・レクチャー「思考法としての『スペキュラティヴ・デザイン』」    
2日目(2月18日)
・レクチャー「文化施設や芸術文化イベントのアクセシビリティ先行事例」
・グループワーク(課題:「あったらいいな、こんな文化施設」)
3日目(2月19日)
・レクチャー「インクルーシブを実現する新しい手法」
・グループワーク「芸術文化の新たな楽しみ方を共創する」
 グループテーマ:音楽、身体表現、テクタイル(触覚技術)、ゲーム、字幕
4日目(2月20日)
・公開フォーラムにおける成果発表と講評

対象者

文化施設への課題意識やアクセシビリティに関する研究や開発に関心があること。

対象者例:
文化施設従事者、社会福祉施設従事者、芸術文化活動従事者
情報保障学、情報工学、情報デザイン、情報支援等分野にかかる研究者
デザイナー、ライター、建築家、音楽家、サービスデザインなどのクリエイティブ分野

情報保障支援

日本語―日本手話言語通訳
日本語文字表示
スライド資料の事前提供
※上記のほか、情報保障に関するご要望がございましたら申込時にご記載ください。

募集期間

2022年1月25日(火)まで

主催

文化庁、公益財団法人東京都歴史文化財団

協力

国立大学法人筑波技術大学

IAMASからのお知らせ