IAMAS

活動告知

展示 卒業生

MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕 「指先の中の音たち」

8月4日(日)〜 9月16日(月・祝)にアートギャラリーミヤウチ(広島県廿日市市)にて、久世祥三さんと卒業生の坂本茉里子さんによるアートユニットMATHRAXの展覧会「指先の中の音たち」が開催されます。
この展覧会では「音にふれる」をテーマに、MATHRAXによる作品を、見たり聴いたりするだけでなく実際に手で触れて体感することができます。

聴くって何だろう?

私たちは耳だけで周りの音を聴いているのでしょうか。たとえば、音に色、味、匂いや温度を感じることもできるのでしょうか。この展覧会では「音にふれる」をテーマに、アートユニットMATHRAX(マスラックス)による作品を、見たり聴いたりするだけでなく実際に手で触れて体感していきます。石に触れてその声を聴く「いしのこえ」や、木のオブジェに触れることで参加者間の音による対話を試みる「ステラノーヴァ」など、言葉とは違うコミュニケーションのあり方を憶えるかもしれません。それは、触れることで聴き、指先の中に自分や他人の存在を感じるような不思議な体験となるでしょう。私たちの身体に問いかけてくるような音たちを手がかりに、思い思いの世界を想像しながらお楽しみください。

展覧会概要より

会期

2019年8月4日 - 2019年9月16日 10:00 ~ 17:00 (最終入館は16:30)

会場

アートギャラリーミヤウチ (〒738-0034 広島県廿日市市宮内字高通4347番地2)
http://miyauchiaf.or.jp

休館日

火・水曜日(8月13日、14日は開館)

観覧料

300円(200円)
*( )内は10名以上の団体料金、中学生以下または各種障害者手帳をお持ちの方は無料

主催

公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

後援

廿日市市教育委員会

IAMASからのお知らせ