IAMAS

活動告知

卒業生

pickupon株式会社(ピクポン)「IBM BlueHub」インキュベーション・プログラム 第5期 採択

2018年10月、本学卒業生の小幡 洋一さんが代表をつとめ、同じく卒業生のJosé María Campaña Rojasさんが参画するpickupon株式会社が、スタートアップの事業化を支援する日本IBM主催のインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub」の第5期に採択されました。

このBlue Hub期間では、音声認識や自然言語分類を使って通話情報を取得・分析し、SFAへの入力作業を自動化するSaaSプロダクトpickuponの開発、事業実証を日本IBMのテクノロジーと事業協力のもと進めます。

IBM BlueHubは、テクノロジーとオープン・イノベーションで新事業の創出を支援するプログラムです。プログラムのひとつであるインキュベーション・プログラムは、政府や民間企業が推進する起業家支援と同様に、日本の長期的な成長と競争力に貢献するスタートアップ企業の事業化を支援するため、パートナー企業と協力して、2014年9月より開始しています。第5期となる今回は、「テクノロジーによる日本発の革新的事業の創出」を目的として、 IBMのテクノロジーを幅広く活用し新たな取り組みにチャレンジするスタートアップ5社が選定されました。
https://www.ibm.com/cognitive/jp-ja/bluehub/adopt_ip5.html より引用

IAMASからのお知らせ