IAMAS

活動告知

展示 卒業生

ICC キッズ・プログラム 2018
「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」

2018年7月20日(金)から8月26日(日)にNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催されるキッズ・プログラム「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」にて、本学卒業生の会田大也さん、金箱淳一さん、宮野有史さんらの作品が展示されます。会田大也さんは本学の非常勤講師も務めています。
(以下敬称略・順不同)

『ふるえの丘』
会田大也(the paper)+ ユセフ・ブーザート + 柴﨑美奈 + 南澤孝太(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)

『触覚とんとん相撲』
cocoiku by ISETAN × HAPTIC DESIGN PROJECT 金箱淳一 + 小原和也 + 臼井隆志 + 柳原一也 + 西山裕慈 + 南澤孝太

『手でみるシカク』
宮野有史

また、この展覧会の広報印刷物・会場グラフィックデザインを卒業生の中西要介さんがデザイン担当しています。

今年度のキッズ・プログラムは,「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」と題し,私たち誰もが持つ触覚の奥深さをテクノロジーによって感じなおす体験,そして,触覚が情報化される近未来の表現をテーマとしています.

私たちは,世界を五感(視覚,聴覚,触覚,味覚,嗅覚)で感じとっています.このうち,目(視覚)や耳(聴覚)で感じる情報を伝えるための技術は,テレビやラジオ,電話などの形で私たちの生活でもおなじみのものになっていますが,触覚は,実物に触れなければ感じることができないものだとされてきました.しかし最近,触覚を記録・再生したり,またはそこにない凸凹や質感を伝えたりする触覚技術が開発され,注目されるようになっています.

この展覧会では,テクノロジーを利用した芸術表現,デザイン,遊びなどから,子どもたちに感覚への新たな気づきを提供するとともに,触覚を記録・再生するツールなど最新の触覚技術を紹介し,子どもたちの感覚の想像力を広げ,思考や創造を生み出すきっかけとなる場を提供します.

ICC キッズ・プログラム 2018「さわるのふしぎ、ふれるのみらい」 概要より

会期

2018年7月20日 - 2018年8月26日 11:00 ~ 18:00 (休館日:月曜日,保守点検日 8/5)

会場

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA (〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階)
http://www.ntticc.or.jp/ja/about/visit/