IAMAS

活動告知

展示 卒業生

ICC キッズ・プログラム 2022「どうぐをプレイする Tools for Play」

2022年7月23日から8月28日までNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて、ICC キッズ・プログラム 2022「どうぐをプレイする Tools for Play」が開催されます。今年度のキッズ・プログラムでは、「どうぐをプレイする Tools for Play」と題して、人間の発明やテクノロジーの原点ともなる「道具」をモチーフにいろいろな目的や用途のために作られた道具をどのように「プレイする」かによってさまざまにとらえ直すことをテーマとしています。この展覧会に卒業生の鈴木英倫子さん(すずえり)が出品します。

すずえり《3つの世界(Three Worlds)》2018年-
2018年ALT SPACE LOOP、Seoulでの展示風景

会期

2022年7月23日 - 2022年8月28日 11:00 ~ 18:00

会場

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] ギャラリーA (東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4F)

オンライン会場

ハイパーICC
https://hyper.ntticc.or.jp/

入場料

無料(事前予約制・当日入場は事前予約者優先)

休館日

7月25日(月)、8月1日(月)、7日(日)、8日(月)、15日(月)、22日(月)
※休館日以外においても,開館時間の変更および臨時休館の可能性がございます。
最新情報はICCのウェブサイトなどでお知らせします。

出品作家(五十音順)

荒牧悠、INDUSTRIAL JP、couch、すずえり、宮下恵太、やんツー

スタッフ

共同キュレーション:久納鏡子、畠中実
キュレトリアル・チーム:鹿島田知也、指吸保子
展示ディレクション:久納鏡子
ハイパーICCディレクション:谷口暁彦

主催

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] (東日本電信電話株式会社)

後援

渋谷区、新宿区教育委員会、中野区教育委員会、文京区教育委員会

IAMASからのお知らせ