IAMAS

活動告知

出版 卒業生

インスタグラムと現代視覚文化論 - レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって

ビー・エヌ・エヌ新社より、久保田晃弘さん、きりとりめでるさんが共訳・編著を担当した「インスタグラムと現代視覚文化論 - レフ・マノヴィッチのカルチュラル・アナリティクスをめぐって」が刊行されました。
この書籍に、卒業生の芝尾幸一郎さん寄稿の「コードを書き、可視化する」が掲載されています。

デジタル写真、メディア研究の新たな指標となる、
“越”写真論集が誕生!

現代の文化において大きな影響力を持ちつつも、これまでは写真論の対象としてほとんど語られてこなかったインスタグラム。『ニューメディアの言語』を著し話題を呼んだメディア理論家のレフ・マノヴィッチは、2012年から2015年にかけてインスタグラムにアップロードされた約1500万枚もの画像をデータ分析にかけることで、新しい写真論を築き上げました。

本書には、その論考「インスタグラムと現代イメージ」の全訳だけでなく、従来の写真論・デジタルメディア論・データサイエンスからマノヴィッチの論考を検討&拡張する、合計9つのテキストを収録しました。写真と文化の拡がりをまたとなく学べる一冊です!

WEBサイトより引用

発売日

2018年6月26日

定価

3500円+税

共訳・編著

久保田晃弘、きりとりめでる

収録論文

レフ・マノヴィッチ、甲斐義明、芝尾幸一郎、筒井淳也、永田康祐、ばるぼら、前川修、増田展大

図書設計・組版

杉山峻輔、桑田亜由子

出版社

ビー・エヌ・エヌ新社