IAMAS

活動告知

展示 卒業生

ここから4―障害・表現・共生を考える5日間

12月4日(水)~12月8日(日)、国立新美術館にて、「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」が開催されます。
この展覧会では、障害のある方たちが制作した「表現の持つ根源的なよろこび」が感じられる作品に加え、障害・障壁への気づきをうながすマンガ・アニメーションや、身体感覚を際立たせる映像・メディアアートなどが紹介されます。
この展覧会に、本学卒業生の山城大督さんと、本学卒業生の坂本茉里子さんが所属するアートユニットMATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕が作品を出展します。
またこの展覧会の企画協力に卒業生の小林桂子さんが参加しています。

2016年秋の「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」にあわせて開催した、障害者のアートやスポーツ義足などのデザインに関する展覧会、それが「ここから」展の始まりでした。それ以来、共生社会や文化の多様性について関心を深めることを目標として毎年開催し、今回が「ここから4」となります。
本展では、障害のある方たちが制作した「表現の持つ根源的なよろこび」が感じられる作品に加え、障害・障壁への気づきをうながすマンガ・アニメーションや,身体感覚を際立たせる映像・メディアアートなども紹介します。また、鑑賞支援の取り組みを進めることで、より多くの人に「ひらかれた」展覧会とします。障害の有無を超越し、多様な作品が「ごちゃまぜ」に共存する空間を通じて、創造的に生きることの原点を実感できる機会となることを願っています。
「本展について」より

会期

2019年12月4日 - 2019年12月8日 10:00 ~ 18:00 (12月6日(金)、7日(土)は 20:00まで。 入場は開館の30分前まで。)

会場

国立新美術館 1階展示室1A (東京都港区六本木7-22-2)
https://www.nact.jp/

観覧料

無料

主催

文化庁

IAMASからのお知らせ