IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 卒業生 教員

Max Summer School in Geidai 2019

8月5日~8月9日に、東京藝術大学にて、本学の三輪眞弘教授と卒業生のペルティエ・ジャン=マルクさんらが講師を務める、Maxのワークショップが開かれます。
ワークショップの申し込み期限は6月30日となっています。

Maxはソフトウェアとコンピューター言語の両方の可能性を備えているものである。 基本的には音楽目的のためのものであり、さらにリアルタイムのための音響合成、パフォーマンスなどに用いることができる。近年ではメディア・アート、マルチメディア、映像、インターネット、センサーなどにも用いることができる。MaxはかつてIRCAMというフランスのパリにある音楽のための研究所、スタジオで開発された。現在はカルフォルニアにあるCycling’74より販売されており、日本ではMI7 Japan – エムアイセブンジャパンが代理店となっている。

ワークショップでは超初級、初級、中上級の3つのレベルに分けられて行われる。実際に手作業と共に行われるチュートリアルの形式で進められる。参加者は各自コンピューターを持ち寄り、予めワークショップのために用意された例とともに学ぶことができる。

今年はMaxが誕生してから30周年にあたる。これをテーマに今年は開催される予定である。

開催概要 より

 

日時

2019年8月6日 - 2019年8月9日

会場(5日〜8日)

東京藝術大学 千住キャンパス内 第7ホール (〒120-0034 東京都足立区千住1-25-1 東京藝術大学千住校地)
https://www.geidai.ac.jp/access/senju

会場(9日)

東京藝術大学 上野キャンパス 音楽学部練習ホール館内 第2ホール (〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
https://www.geidai.ac.jp/access/ueno

講師

後藤英 (東京芸術大学音楽環境創造科准教授)
三輪眞弘 (IAMAS学長・教授)
上條慎太郎(ライゾマティクス)
堀尾寛太(アーティスト/エンジニア)
ペルティエ・ジャン=マルク(名古屋造形大学准教授)

関連人物

IAMASからのお知らせ