IAMAS

活動告知

展示 卒業生 教員

文化庁メディア芸術祭須賀川展「創造のライン、生のライン」

2月27日より、須賀川市民交流センターtette(福島県須賀川市)にて、文化庁メディア芸術祭須賀川展「創造のライン、生のライン」が開催されます。この展示に、クワクボリョウタ准教授、赤松正行教授と本学の卒業生・在校生を中心に活動しているARARTプロジェクト、卒業生の菅野創さんが参加します。

 

出展作品:
クワクボリョウタ 《10番目の感傷(点・線・面)》 (第14回アート部門優秀賞受賞作品)
赤松正行+ARARTプロジェクト 《ARの国のアリス》 (第17回アート部門審査委員会推薦作品『もの みる うごく AR美術館』関連作品)
菅野 創/やんツー 《形骸化する言語》 (第20回アート部門審査委員会推薦作品)

会期

2019年2月27日 - 2019年3月17日 (入場無料)

会場

須賀川市民交流センターtette (福島県須賀川市中町4-1)
https://s-tette.jp/

開館時間

10:00〜20:00(日・祝は18:00まで)
※火曜日は一部ご覧いただけない作品があります。
※5階円谷英二ミュージアムの展示のみ10:00〜17:00

主催

文化庁

共催

須賀川市

後援

白河市、NHK福島放送局、福島放送、テレビユー福島、福島テレビ、福島中央テレビ、エフエム福島、ラジオ福島、福島民報社、福島民友新聞社、阿武隈時報社、マメタイムス社

協力

こぷろ須賀川

運営事務局

文化庁メディア芸術祭須賀川展運営事務局(株式会社テレビマンユニオン)

IAMASからのお知らせ