IAMAS

活動告知

展示 卒業生

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか

写真:長谷川 愛《シェアード・ベイビー》2011年

2019年11月19日(火)~ 2020年3月29日(日)、森美術館にて、「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」が開催されます。
この展覧会に、卒業生の長谷川愛さんが出展します。

本展は、「都市の新たな可能性」、「ネオ・メタボリズム建築へ」、「ライフスタイルとデザインの革新」、「身体の拡張と倫理」、「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成し、100点を超えるプロジェクトや作品を紹介します。AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方をみなさんと一緒に考える展覧会です。
開催概要より

会期

2019年11月19日 - 2020年3月29日 10:00 ~ 22:00 (最終入館 21:30)

会場

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階) (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー)
https://art-view.roppongihills.com/jp/info/index.html

開館時間

※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし11月19日(火)、12月31日(火)、2月11日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)

料金

一般  1,800円
学生(高校・大学生)1,200円
子供(4歳~中学生)600円
シニア(65歳以上)1,500円

IAMASからのお知らせ