IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 卒業生

第4回メディアアート国際シンポジウム「メディア文化のオープンネス――協働、ネットワーキング、文化交流に向けて」

2020年2月22日、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて、“アート&テクノロジー”をテーマとする第4回メディアアート国際シンポジウム「メディア文化のオープンネス――協働,ネットワーキング,文化交流に向けて」が開催されます。
このシンポジウムに、卒業生の廣田ふみさんが出演します。

“アート&テクノロジー”がひらく,芸術文化の開かれた可能性.

国際交流基金アジアセンター(以下,アジアセンター)は,NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]とともに,“アート&テクノロジー”をテーマとする第4回メディアアート国際シンポジウム「メディア文化のオープンネス――協働,ネットワーキング,文化交流に向けて」を開催します.

アジアセンターでは,メディア・アートやデジタル・クリエイティヴ分野に関する芸術文化の創造・発信とネットワーク形成を目的とし,2016 年より「メディアアート国際シンポジウム」を開催してきました.

アジアにおける“アート&テクノロジー”の動向には,最新のテクノロジーと融合した表現を用いてグローバルな要請に技術的・芸術的に呼応していく方向性と,各国・各地域における歴史や文化にテクノロジーを取り入れることで新たな創造活動を導く方向性の,二つの方向性を見ることができます.近年,各国では,商業的な,あるいは様々な祝祭で求められるようなスペクタクルな表現が多く見られる一方で,オルタナティヴなシーンや既存の美術制度に依らない新たなプラットフォームの整備も進んでいます.

最終回となる本シンポジウムでは,テクノロジーを用いた表現活動や,国を越えて活性化しているコラボレーションや協働プロジェクトの最新の取り組みを紹介することを通じ,グローバル化とネットワーク社会における芸術文化のあり方と,現在抱えている課題,そしてこれからの可能性を改めて考えます.

概要より

日時

2020年2月22日 12:30 ~ 17:30

会場

ICC 4階 特設会場 (〒163-1404 東京都新宿区西新宿3丁目20−2 東京オペラシティタワー4階)
https://www.ntticc.or.jp/ja/

出演

岩渕功一(モナシュ大学教授/メディア&カルチュラルスタディーズ)[日本/オーストラリア]
メー/アーダードン・インカワニット(ウエストミンスター大学教授/シネマティック・アーツ)[タイ/イギリス]
梅田宏明(振付家,ダンサー,ヴィジュアル・アーティスト)[日本]
ボブ・エドリアン(「Instrumenta」キュレーター,ライター)[インドネシア]
キム・ソンヒ(舞台芸術キュレーター)[韓国]
藤原ちから(批評家,アーティスト/orangcosong)[日本]

廣田ふみ(独立行政法人国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム所属)[日本]
畠中実(ICC)[日本]

※出演者やプログラム内容は、変更・中止になる場合がございます。

定員

250名(Peatixによる事前申込制,先着順)
日英同時通訳つき
入場無料

主催

国際交流基金アジアセンター、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC](東日本電信電話株式会社)

IAMASからのお知らせ