IAMAS

活動告知

展示 卒業生

パビリオン・トウキョウ2021

“2020-2021” 作:真鍋大度 + Rhizomatiks 〈特別参加〉
撮影:木奥恵三

 
2021年7月1日から9月5日まで、Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「パビリオン・トウキョウ2021」が開催されます。新国立競技場を中心とする複数の場所に、建物やオブジェを設置し、自由で新しい都市のランドスケープを提案する世界初の試みとして、建築家・アーティストが設計したパビリオンが展示されます。
卒業生の真鍋大度さん + Rhizomatiksが特別参加、ワタリウム美術館の向かい側の空地に《2020-2021》が展示されます。

会期

2021年7月1日 - 2021年9月5日

鑑賞時間

各パビリオンごとに異なりますので、公式サイトをご覧ください。鑑賞時間は変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください。
※一部のパビリオンには休館日がございます。また、入場料や事前予約が必要な会場がありますのでご注意ください。

会場

新国立競技場周辺エリアを中心に東京都内各所
ビクタースタジオ前/明治神宮外苑 いちょう並木入口/国際連合大学前/旧こどもの城前/渋谷区役所 第二美竹分庁舎/代々木公園 パノラマ広場付近/kudan house庭園/浜離宮恩賜庭園 延遼館跡/高輪ゲートウェイ駅 改札内

パビリオン・クリエイター

藤森照信/妹島和世/藤本壮介/平田晃久/石上純也/藤原徹平/会田誠/草間彌生

特別参加

真鍋大度 + Rhizomatiks

主催

東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京/パビリオン・トウキョウ2021実行委員会

企画

ワタリウム美術館

IAMASからのお知らせ