IAMAS

活動告知

展示 卒業生

リボーンアート・フェスティバル 2019

©Reborn-Art Festival

8月3日(土)から9月29日(日)、宮城県の牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾を会場に、リボーンアート・フェスティバル 2019が開催されます。
このフェスティバルに卒業生の真鍋大度さんが参加します。

Reborn-Art =人が生きる術
『Art』とは 『人が生きる術』 、すべてを指す『Ars』ということば(ラテン語)がもとになっています。私たちは東日本大震災以後はっきりと、自分たちのまわりからほんとうの『人が生きる術』が失われかかっていることを、認識するようになりました。今もっとも必要なことは、この『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことにあると考えた私たちは、自分たちのめざすものを『Reborn-Art』と名付け、食や住や経済などの『生活の技』、アートや音楽やデザインの『美の技』、地域の伝統の『叡智の技』などとして、さまざまな領域における『Reborn-Art』を発見 / 再発見しようとしています。お祭りの中心地となる牡鹿半島には、人の手の加えられていない自然が多く残されています。そこには津波の傷跡とともに、人の営みと豊かな海と山と森があり、そのまんなかに『Reborn-Art』のお祭りが出現します。ここを訪れる皆さんが、地域の人々やアーティストやスタッフと一緒になってお祭りをつくりだすとき、ほんとうの意味で地域が前に向かって進んでいくためのエネルギーが生まれてくるはずです。
開催概要より

会期

2019年8月3日 - 2019年9月29日 (網地島エリアは8月20日より開催)

会場

牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾(宮城県石巻市、塩竈市、 東松島市、松島町、女川町)

休祭

水曜休祭予定(8月14日およびイベント開催日は除く。詳細は後日発表)

IAMASからのお知らせ