IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演 在校生 卒業生

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019

卒業生の大久保雅基さん、また 卒業生の大石桂誉さん、研究生の大和比呂志さん、津曲洸太さんたち卒業生・在学生によるユニット「signal compose」が、「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019」の公募アーティストとして選出されました。大久保さんは2月9日のAプログラムに、signal composeは2月11日のBプログラムにそれぞれ出演します。

「コンサート」ではこぼれ落ちてしまうような前衛的な音楽作品や、台詞や身体表現を伴う作品など、ひとくくりにはできない新たな音のパフォーマンスを一挙に紹介する場、「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」。
ゲストとして登場する4組のアーティストに加えて、公募から選ばれた出演者が2日間に分かれて登場します。
今回のテーマは、「音響(PA) ⇄ 公衆伝達(パブリック・アドレス)」。サウンドパフォーマンスを支えるPA(電気的な音響拡声装置)の語源であるPublic Address(公衆伝達)に立ち返り、「音を観客にどのように届けるのか」をテーマにしたパフォーマンスを募集しました。
このプラットフォームでの出会い、衝撃が、新しいアウトプットへとつながることを期待しています。

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019 概要より

日時

2019年2月9日 17:00 (Aプログラム)

2019年2月11日 15:00 (Bプログラム)

会場

愛知県芸術劇場小ホール (愛知県名古屋市東桜1丁目13-2)

出演者・演目

【2月9日(土) Aプログラム】
ゲストアーティスト
夏の大△
藤田陽介

公募アーティスト
大久保雅基 「sd.mod.live」
杉野晋平 「パイルドライバー」
dobby/仮説 「チョウシ之助」

【2月11日(月・祝) Bプログラム】
ゲストアーティスト
電力音楽(木下正道/多井智紀/池田拓実)
Hair Stylistics(a.k.a. 中原昌也)

公募アーティスト
Affine 「7 leaves」
signal compose 「visible/hidden/re-visible」
大所帯非楽器アンサンブル POLY! 「パノラマ並奏曲」

チケット料金

当日券
一般(2日通し券) ¥3,000 一般(1日券) ¥2,000
U25(1日券) ¥1,000
高校生以下無料(事前申込必要)
※2日通し券は特製ステッカー付き
※U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)
※やむを得ない事情により、内容・出演者等が変更する場合があります。

主催

愛知県芸術劇場

IAMASからのお知らせ