IAMAS

活動告知

展示 卒業生

萬福寺アーティストインレジデンス第4期企画展
カルティカ・メノン「Śūnya(シュニャ)」

「アーティスト・イン・レジデンスプログラム (AIR)」の第4期レジデンスアーティストとして卒業生のカルティカ・メノンさんが参加しています。2022年5月15日より、カルティカさんのインスタレーション作品『Śūnya(シュニャ)』が展示されます。「Śūnya(シュニャ)」は、サンスクリット語で空・無を意味し、インドから東アジア経由で日本に伝わってきた仏教にインスピレーション得た切り絵を用いた作品となります。
本展覧会に併せて、2021年からの滞在アーティストの監物紗羅さん、高橋奈見さんの作品も展示されます。

会期

2022年5月15日 - 2022年5月31日 10:00 ~ 16:30 (会期終了は予定)

会場

黄檗宗大本山萬福寺 アーティストインレジデンス香福廊 (宇治市五ケ庄三番割34)

アーティスト

カルティカメノン、監物紗羅、高橋奈見

定休日

水曜日

拝観料

大人500円

Webサイト

IAMASからのお知らせ