IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演

「愛の讃歌」 Masahiro Miwa A Song in Praise of Love or FourBits-Gamelan

7月14日、高松市美術館にて、本学の三輪眞弘教授がプロデュースした高松市美術館開館30周年祝賀演奏会が行われます。

日本の現代音楽界を代表する作曲家・三輪眞弘が、高松市美術館開館30周年を寿ぐコンサートをプロデュース。
2007年に初演され深い感動を与えた、ガムランアンサンブルのための「愛の讃歌」(*1)が、フォルマント音声合成(*2)を得て蘇る。
美術館エントランスホールに出現する伝統とテクノロジーが交錯するエキサイティングな音の空間をお楽しみに!
さらにサヌカイト(*3)を用いた新曲“ 石器人たちによる、モノリス礼賛/ 子音廻し”(仮題)を世界初演!

(*1)「ガムラン」はインドネシアに伝わる打楽器等で合奏を行なう民俗音楽のこと。
(*2)人工的に人間の声を合成する手法の一つ。
(*3)香川県をはじめごく一部の地域で産出される、叩くと高く澄んだ音の出る石。

Webサイト より

日時

2018年7月14日 18:00 (開場 17:45)

場所

高松市美術館 美術館1階エントランスホール (〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4)

作曲・構成

三輪眞弘

フォルマント音声合成

佐近田展康

出演

岡野勇仁(MIDIアコーディオン)
マルガサリ(ガムランアンサンブル)
佐久間新・佐久間ウィヤンタリ(ダンス)
香川県立高松工芸高校のみなさん

入場料

2,500円
5月22日(火曜日)より高松市美術館1階受付および電話予約にて販売開始
(電話 087-823-1711)
※未就学児童の入場はご遠慮ください
※前売券をご購入いただいた先着100名様に特製オリジナルバッグプレゼント!

関連人物

IAMASからのお知らせ