IAMAS

活動告知

展示 卒業生

「The Dive -設計とアーカイブ-」展

2020年10月16日(金)から20日(火)までの期間、N-mark B1(名古屋市中区)にて、「The Dive -設計とアーカイブ-」展 が開催されます。この展示に企画・ディレクションとして赤羽亨教授、卒業生の池田泰教さん、展示設計を卒業生の八嶋有司さん、イトウユウヤさんが担当しています。またWEBサイトのコーディングを卒業生の大総佑馬さんが担当しています。

この展覧会では、八嶋有司さんの映像インスタレーション《The Dive – Methods to trace a city》の制作プロセスを設計とアーカイブの往還運動の中に捉え直す試みとして、《The Dive simulator》を開発し、制作プロセス自体を作品や鑑賞と結びつける構成となっています。

八嶋有司の映像インスタレーション《The Dive ‒ Methods to trace a city》は、身体の非計算性と緻密に設計された映写空間を合わせ持つ作品として国内外の展覧会で紹介されてきました。この展覧会では、八嶋の制作プロセス を設計とアーカイブの往還運動の中に捉え直すことを目ざして開発された、《The Dive simulator》 (2020)を合わせて展示し、制作プロセス自体を作品や鑑賞と結びつけることを試みます。

「The Dive -設計とアーカイブ-」展 概要より引用

会期

2020年10月16日 - 2020年10月20日 15:00 ~ 20:00

会場

N-mark B1 (名古屋市中区錦2-11-13 chojamachi TRANSIT BUILDING-B1)
http://www.n-mark.com/

企画・ディレクション

赤羽 亨、池田泰教

展示設計

八嶋有司, イトウユウヤ

デザイン

京野朗子

Webコーディング

大総佑馬

主催

ArtDKT

関連人物

IAMASからのお知らせ