IAMAS

活動告知

展示 卒業生

美術館まで(から)つづく道

7月14日(日)~9月1日(日)、茅ヶ崎市美術館にて企画展「美術館まで(から)つづく道」が開催されます。
この展覧会ではインクルーシブデザインの手法を用いたフィールドワークの体験をもとに、表現者が視覚、聴覚、触覚、嗅覚などあらゆる感覚を用いて鑑賞する新たな作品を展開します。関連イベントとしてアーティストトーク、シンポジウム、ワークショップなども開催される予定です。

この展覧会に卒業生の坂本茉里子さんが所属するアートユニットMATHRAX(久世祥三+坂本茉里子)、卒業生の金箱淳一さんが作品を出品します。

会期

2019年7月14日 - 2019年9月1日 10:00 ~ 18:00 (入館は17:30まで)

会場

茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3 (〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45)
http://www.chigasaki-museum.jp/

休館日

月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

観覧料

一般:600(500)円、大学生:500(400)円 
※(  )内は20名以上の団体料金
※小学生以下、中学生、高校生、障害者およびその介護者は無料。市内在住65歳以上の方は無料。

主催

公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

協賛

ホルベイン画材株式会社

協力

公益財団法人かながわ国際交流財団
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ
株式会社資生堂
高砂香料工業株式会社
神戸芸術工科大学デジタルクリエイションラボ
MULPA(Museum UnLearning Program for All/みんなで“まなびほぐす”美術館―社会を包む教育普及事業―)

助成

公益財団法人 花王 芸術・科学財団

IAMASからのお知らせ