IAMAS

活動告知

展示 卒業生

今年の越後妻有

作品名:部屋とピアノの為のコンポジション「偽ハルモニア論」
作家名:安野太郎

 
2021年7月22日から10月31日まで、「今年の越後妻有」が開催されます。今年度開催予定の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」は延期となりましたが、2大拠点施設の越後妻有里山現代美術館 MonETモネと、まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」がリニューアルオープン、トリエンナーレのために準備を進めてきた作品の一部が公開されます。
卒業生の安野太郎さんの新作『部屋とピアノの為のコンポジション「偽ハルモニア論」』が展示されます。

会期

2021年7月22日 - 2021年10月31日

作品情報

部屋とピアノの為のコンポジション「偽ハルモニア論」
会場:越後妻有「上郷クローブ座」( 新潟県中魚沼郡郡津南町上郷宮野原7-3)
開館日:土日祝日、お盆期間(8月7日~15日)は毎日営業
時間:10:00-17:00
休館日:平日
料金:上郷クローブ座+香港ハウス共通券:一般500円、小中250円
Web:https://www.echigo-tsumari.jp/art/artwork/the-moon/

IAMASからのお知らせ