IAMAS

活動告知

展示 卒業生

トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおう

2020年10月16日より21_21 DESIGN SIGHTにて、企画展「トランスレーションズ展 -『わかりあえなさ』をわかりあおう」が開催されます。この展覧会に、卒業生の島影圭佑さん、長谷川愛さんが出展します。

 
島影圭佑「OTON GLASS」

長谷川 愛「Human × Shark」

 

21_21 DESIGN SIGHTでは2020年10月16日より「トランスレーションズ展 −『わかりあえなさ』をわかりあおう」を開催します。展覧会ディレクターには、アートやデザインの領域をまたぎ、様々な表現媒体に携わる情報学研究者のドミニク・チェンを迎えます。

わかりあえないはずの存在同士が意思疎通を図るため、コミュニケーションを支えるのが「翻訳」のプロセス。この展覧会では、「翻訳=トランスレーション」と呼ばれる行為をある種の「コミュニケーションのデザイン」とみなして、普段から何気なく使っている言葉の不思議さ、そしてそこから生まれる「解釈」や「誤解」の面白さを実感できる空間をつくり、互いの「わかりあえなさ」を受け容れあう可能性を提示していきます。

トランスレーションズ展 -「わかりあえなさ」をわかりあおう 概要より引用

会期

2020年10月16日 - 2021年3月7日 (事前予約制)

会場

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2 ( 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内)
http://www.2121designsight.jp/

開館時間

平日  11:00 - 18:30(入場は18:00まで)
土日祝 10:00 - 18:30(入場は18:00まで)

休館日

火曜日(11月3日、2月23日は開館)、年末年始(12月26日 - 1月3日)

入館料

一般1,200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

参加作家

市原えつこ、伊藤亜紗(東京工業大学)+林 阿希子(NTTサービスエボリューション研究所)+渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)、Google Creative Lab+Studio TheGreenEyl+ドミニク・チェン、エラ・フランシス・サンダース、島影圭佑、清水淳子+鈴木悠平、Takram、長岡造形大学、永田康祐、noiz、長谷川 愛、シュペラ・ピートリッチ、Ferment Media Research、タニア&ケン・フィンレイソン+Google Gboard team、本多達也、やんツー、ペイイン・リン、ティム・ローマス+萩原俊矢、和田夏実+signed+筧 康明

IAMASからのお知らせ