IAMAS

活動告知

展示 卒業生

Translucent Objects -Compound eye-

2021年3月20日からコ本や honkbooksのギャラリーthecaにて、卒業生の平瀬ミキさんの個展「Translucent Objects -Compound eye-」が開催されます。

《Translucent Objects》は、2台のカメラを用いた映像空間における彫刻作品です。1つの出来事を、表と裏の2つの方向から同時撮影した映像を合成する手法によって、実際の撮影空間には無い物体を作り出し、現在の人間の身体構造では同時に捉えることができない表裏を見る光景を表現しています。
本展示では、《Translucent Objects》を、リアプロジェクションを用いて物理上で対になった映像を重ねる方法と、複数のモニターを用いて映像内の部分をトリミングし、映像内の光景を分断する2種の方法で展示いたします。

Translucent Objects -Compound eye-」 概要より

会期

2021年3月20日 - 2021年3月31日 12:00 ~ 20:00 (入場無料)

会場

theca(コ本や honkbooks) (東京都豊島区池袋2丁目24-2 メゾン旭 2F)

休廊日

3月22日、3月29日

出展作家

平瀬ミキ

1993年埼玉県生まれ。2019年情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科修了。
デジタル・デヴァイス上での「見る」行為に物質を与える試みの制作から,現在は,同一の事象が多種多様に捉えられる現代のメディア環境に注目するという観点から,映像を素材とした彫刻作品を制作。
近年の展示に「Face to Sur-face」(2020 新宿眼科画廊)、「CAF賞2019」(2019 ヒルサイドフォーラム)「平瀬ミキ個展 差異の目」(2019新宿眼科画廊)、「エマージェンシーズ! 036 平瀬ミキ《Translucent Objects》」(2018 interCommunication Center[ICC])など。
mikihirase.x0.com

IAMASからのお知らせ