IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演 教員

劇団うりんこ「幸福はだれにくる」

3月1日からうりんこ劇場(名古屋市名東区)で「幸福はだれにくる」が上演されます。サムイル・マルシャーク著「幸福はだれにくる」を地点の三浦基さんが演出を行い、本学のクワクボリョウタ准教授がメディアアートを担当します。この公演は、2019年夏の初演に向けて行われる、ワーク・イン・プログレス公演です。

「うき目つらい目ふしあわせ」という疫病神みとるつかれているせいで、ずっと貧乏暮らしをしている木こりと姪のナースチャ。木こりは口減らしのために姪を金持ちの老人に嫁がせようとするが、彼女には若くて誠実な恋人の兵士がいた。疫病神をおまけとして売り飛ばせば自分から離れることを知った木こりは、他人になすりつけることに成功する。やがて疫病神は木こりから商人、貴族、果ては王様へと取り憑いていき王国が存亡の危機に。そこに誠実な兵士が現れ……。『森は生きている』でおなじみのサムイル・マルシャークが子どもたちのために書き上げた痛快喜劇。2019年夏の世界初演へ向けておこなう、ワーク・イン・プログレス公演。

劇団うりんこ「幸福はだれにくる」公演説明より引用

公演日

2019年3月1日 19:00

2019年3月2日 15:00

2019年3月3日 11:00

2019年3月3日 15:00

2019年3月4日 19:00

会場

うりんこ劇場 (名古屋市名東区八前1丁目112)

入場料

一般 前売 2,800円 当日 3,300円
U25 前売 2,000円 当日 2,500円
※5才以上有料

出演

原田邦英、柴田早苗、内田成信、牧野和彦、青山知代佳、越賀はなこ

スタッフ 

作:サムイル・マルシャーク
訳:湯浅芳子(岩波少年文庫)
演出:三浦基(地点)
メディアアート:クワクボリョウタ 
舞台美術:杉山至
衣裳:堂本教子
照明:御原祥子
音響:四方あさお
インターン:新宮虎太朗(喜劇のヒロイン)、橋本あきら(在り処)
カバーイラスト:ザ・キャビンカンパニー
デザイン:クーゲート
制作:安形葉子、平松隆之

トークイベント

3月1日(金)終演後:鳴海康平(第七劇場)× 三浦基(地点)
3月4日(月)終演後:新宮虎太朗(喜劇のヒロイン)× 橋本あきら(在り処)

IAMASからのお知らせ