IAMAS

活動告知

展示 卒業生

とよたハックキャンプ2020 EXHIBITION「variable form#2」

2020年11月21日から23日の3日間、とよたハックキャンプ2020 EXHIBITION「variable form#2」がオンライン展示で行われます。この企画展に卒業生の飯島祥さん、河村陽介さん、PHIRIPさんが参加します。

本企画「とよたハックキャンプ」は地域特有の物産や観光資源などの魅力を発見し、それらを再考しアート作品を作り上げるプロジェクトです。

今年は「つなぐ」をテーマに、オンラインでのワークショップを実施し、創作活動を通じて交流の場を設けました。
ワークショップでは音や光、風などの場所特有の自然環境の作用によって音を奏でる自動演奏楽器の制作を行い、配布したツールキットをもとに、それぞれ独自のアイデアを考え、創意工夫し、自然の作用を活かした作品を作り上げました。
完成した作品は、移動するラボ「MOBIUM」に乗せて豊田の各所で展示を行います。展示の様子はオンライン配信し、「豊田の風景」と「作品の奏でる音」を感じ、変容する音やかたちを楽しんでいただけたらと思います。

とよたハックキャンプ2020 EXHIBITION「variable form#2」 概要より引用

会期

2020年11月21日 - 2020年11月23日

時間

11月21日(土) 13:00〜16:00
11月22日(日)・23日(月・祝) 9:00〜12:00/13:00〜16:00

巡回予定地

小原地区、旭地区、稲武地区、下山地区(愛知県豊田市内)

*感染拡大防止のため現地にはお越しいただけません。オンライン配信にてお楽しみください。
*表記の時間は目安となります。交通事情や天候、電波状況などにより内容、時間を変更することがありますのでご了承ください。
*以降はアーカイブの配信を予定しております。準備が出来次第配信いたします。

関連リンク

IAMASからのお知らせ