IAMAS

活動告知

展示 卒業生

第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」

2020年2月7日(金)~2月23日(日・祝)、東京都写真美術館にて開催される『第12回恵比寿映像祭「時間を想像する」』の展示に、卒業生の三原聡一郎さんと時里充さんが参加します。

第12回 開催概要

2020年、恵比寿映像祭は、
「時間とは何か」という
映像が併せ持つ本質に迫ります。

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化をめざし、東京都写真美術館全館および地域会場で開催されます。第12回となる今回は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質について迫ります。展示や上映の作品から、鑑賞者と映像を巡り・楽しみ・考えるプログラム「YEBIZO MEETS」の展開までを通じて、多様な映像表現に触れていきます。

なお、第12回恵比寿映像祭は、オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する、2020年を盛り上げる文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の1つとして実施するものです。
開催概要より

会期

2020年2月7日 - 2020年2月23日 10:00 ~ 20:00 (最終日は18:00まで)

会場

東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか (〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
http://topmuseum.jp/

休館日

10日(月)、17日(月)

料金

入場無料
※ 定員制のプログラムは有料

主催

東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館・アーツカウンシル東京/日本経済新聞社

IAMASからのお知らせ