IAMAS

特別研究 1A・1B・2A・2B・1Ai・1Bi

 修士研究に関する研究指導を、研究指導教員があたります。研究指導教員は1名の主査と2名の副査から構成され、それぞれ研究指導資格のある教員があたります。ただし、主査が決定するまでは入学時の担当教員が研究指導教員になります。研究指導の責任は担当教員および主査にあり、最終的な評価は主査と副査が行います。特別研究1A・1Bは標準コースの1学年に対応し、特別研究2A・2Bは標準コース2学年に対応し、特別研究1Ai・1Biは短期コースに対応します。いずれもAは前期に、Bは後期に実施しています。この科目の単位を取得するには、積極的に研究指導を受けるとともに、学期ごとに複数教員との特別面談を実施し、自らの研究・作品の意図および内容、進捗状況などを説明し、それに対して意見、アドバイスを受ける必要があります。また、標準コースの1年次は、年次制作発表において作品発表と研究中間報告、報告書の提出が必要です。標準コースの2年次と短期コースは、構想発表と研究中間発表など修士取得に掛かる発表等を必要とします。

講義形態

ゼミ、面談、発表、報告

講義計画・項目

・研究ゼミ

・特別面談

・研究発表

・研究報告

教科書・参考書等

研究指導教員が学生の研究主題にあわせて適宜紹介します。

IAMASからのお知らせ