IAMAS

IAMASからのお知らせ

お知らせ

【在学生の皆様へ】学生の臨時入校禁止期間の延長等について

 

情報科学芸術大学院大学

在学生の皆様へ

岐阜県は、4月10日に県独自の「非常事態宣言」を発表し、新型コロナウイルス感染症の拡大に危機感を持って取り組んでいます。また、4月16日には、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく全国を対象区域とした「緊急事態宣言」が発令され、岐阜県は「特定警戒都道府県」に指定されました。これを受け、本学においても、更なる新型コロナウィルス感染拡大防止に努めるため、以下のとおり対応することとします。
学生の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

学生の校内への立ち入りについて

臨時入校禁止期間:令和2年4月4日(土) ~ 5月31日(日)

・上記の期間は、 大学施設への立ち入りを禁止します。
・同期間、附属図書館も閉館します。
・M2の学生で、ロフト等の荷物の引き上げを希望する場合は、主査の教員へ事前に連絡をしてください。

授業等について

・4月20日(月)からオンラインによる授業を開始します。実施方法等の詳細は、担当教員からメールで連絡をします。メールをご確認ください。

感染の可能性がある場合の対応について

次の症状がある方は、帰国者・接触者相談センター(大垣市の場合は西濃保健所)に相談のうえその指示に従い、あわせて本学事務局(保健室)へ連絡してください。
1.風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
2.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

連絡先:
帰国者・接触者相談センター
岐阜県西濃保健所 0584-73-1111

適切な感染防止対策について

・毎日検温し、結果を専用フォームに記録してください。
・不要不急の外出を控えてください。
・3つの密(密閉空間・密集場所・密接場所)が揃う場を徹底的に回避してください。
・手指消毒、手洗いを心掛けてください。
・咳エチケットを守りましょう。

IAMASからのお知らせ