IAMAS

IAMASからのお知らせ

お知らせ

教員インタビュー:前林明次教授を公開しました

本学の教員の研究・アーティスト活動に迫るインタビュー企画 第6回として、前林明次教授を公開しました。

聴取の経験を考える

前林教授は身体と環境の関係を、聴取の経験を通じて問うようなサウンドインスタレーションを90年代から発表してきましたが、近年は沖縄の基地や歴史をテーマに作品を制作しています。高精細な音響によって「現実」を別の場所で再現するということが、今日の暮らしや社会にとってどのような意味を持つのか?「メディアとリアリティ」という視点から、また再現の次元だけでは捉えきれないものについてお話を伺いました。
(インタビュアー:島貫泰介)

教員インタビュー:前林明次教授

スタッフ

インタビュアー・編集:島貫泰介
撮影:八嶋有司
企画・ディレクション:赤羽亨(情報科学芸術大学院大学 教授)
伊藤晶子(IAMAS産業文化研究センター)

関連人物

IAMASからのお知らせ