IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演 卒業生 教員

-佐治敬三賞受賞記念- ぎふ未来音楽展2022 三輪眞弘+福島諭 二人展

2022年9月18日にサラマンカホールにて「-佐治敬三賞受賞記念- ぎふ未来音楽展2022 三輪眞弘+福島諭 二人展」が開催されます。2022年度の三輪眞弘教授のサントリー音楽賞、また「ぎふ未来音楽展2020 三輪眞弘祭 -清められた夜」の佐治敬三賞受賞を記念し、今回は三輪眞弘教授と博士後期課程2年で作曲家の福島諭さんの二人展、またゲストを迎えたシンポジウムが行われます。

日時

2022年9月18日

会場

サラマンカホール (岐阜県岐阜市薮田南5丁目14番53号)

時間

13:00 開場
14:00~16:00(予定) コンサート
終演後~17:00 シンポジウム コンサート

プログラム

弦楽四重奏曲 ハ長調「皇帝」、弦楽六重奏曲「369 Harmonia Ⅱ」、虹機械 Koan-001/作曲:三輪眞弘
五管の木管アンサンブルとコンピュータの為の《春、十五葉》(2015)/作曲:福島諭
『日々《変容の対象》8月』/作曲:福島 諭+濱地 潤一(変容の対象)、映像:前田 真二郎(日々“hibi”AUG)

※曲目が変更になる場合があります。

演奏

ヴァイオリン:亀井庸州、 辺見康孝
ヴィオラ:安田貴裕、 迫田圭
チェロ:多井智紀、 川上統
クラリネット:鈴木生子、 櫻田はるか、 芹澤美帆
オーボエ:山口裕加
サクソフォン:濱地潤一
ピアノ:山内敦子
映像送出:森田了

シンポジウム

第52回サントリー音楽賞受賞&第20回佐治敬三賞受賞記念
テーマ:三輪眞弘を「みる・きく・よむ」〜いま、三輪眞弘の音楽を語る~
パネリスト:三輪眞弘、福島諭、岡田暁生
モデレーター:浦久俊彦

チケット料金

全自由席2,000円[メイト1,800円]
学生半額(30歳まで)

主催

サラマンカホール

共催

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

IAMASからのお知らせ