IAMAS

活動告知

RCIC 在校生

こどもICT学級「じょうほうであそんでみよう!」

2019年11月17日(日)・11月24日(日)の2日間、大垣市情報工房にて、「現代の情報のやりとり」を「手」を使って考える遊びのプログラム こどもICT学級「じょうほうであそんでみよう!」を開催します。2つのワークショップを通して、「現代における情報のやりとり」について考えます。ワークショップの講師を産業文化研究センター[RCIC]の野呂祐人研究員と修士2年工藤恵美さんのアートワークショップユニット「コココ」が担当します。

アイ手ープロジェクトとは
「現代の情報のやりとり」を「手」を使って考える遊びのプログラムを展開します。インターネットで生まれる特殊なコミュニケーションを、アナログな造形遊びを通してそれらを学ぶ機会づくりを目指しています。今回は2つの遊びをワークショップ形式で展開します。またその時の記録や成果物を展示し、みなさんと「現代の情報のやりとり」を考えます。

会場

大垣市情報工房 (岐阜県大垣市小野4丁目35-10)

ワークショップ Aコース

とくめいおえかき

二手に分かれて大きな紙のおもてとうらからみんなでいっしょに絵をかきます。はんたいの人は紙にかくれてみえないけれど、紙からインクがにじみ出てきます。すがたの見えない人とつながるってどんなことだろう?

開催日:2019年11月17日 13:30 ~ 15:30
対象:大垣市内の小学2~4年生
定員:8 名・抽選あり
受講料:500 円
※ 油性ペンで絵を描くので、服装などご注意ください。

ワークショップ Bコース

かいへんえにっき

みんなのかいた絵にっきをあつめて、誰のものか分からないようにごちゃまぜにします。いくつかの絵日記から、絵のパーツを切りとり、台紙にはって新たな絵を作り、おかしな出来ごとを作ります。人の絵をどうつかおうかな?自分の絵はどうつかわれるかな?

開催日:2019年11月24日 13:30 ~ 15:30
対象:大垣市内の小学2~4年生
定員:10 名・抽選あり
受講料:500 円
※ 最初に「今月(11 月) の出来事」というテーマで絵日記を描きます。かんたんに内容を事前に考えてきてください。

申し込み

WEBサイト:https://www.johokobo.com/news/1987/
電話:0584-75-7000(大垣市情報工房)
受付時間:8:30 ~ 21:30(休館日を除く)
※ 住所/氏名(受講者・保護者)/電話番号/学校名/学年/希望の講座をお伝えください。

締切:2019年11月8日(金)15:00まで

注意事項

※ 動画や写真を撮影します。記録展示や広報に使用します。予めご了承ください。
※ Bコースのワークショップは一般向けに初めて行います。

主催

大垣市情報工房、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]、産業文化研究センター

関連人物

IAMASからのお知らせ