IAMAS

活動告知

展示 在校生 卒業生 教員

サウンドデザインファクトリー in 浜松2019

12月7日(土)〜8日(日)、鴨江アートセンター(浜松市中区)にて、「サウンドデザインファクトリー in 浜松2019」が開催されます。このイベントでは、“音をカタチに”をキーワードに、サウンドデザインに関する体験型プロダクトの展示、ワークショップやパフォーマンス、トークセッションやミートアップが行われる予定です。

ステージイベント「トークセッション<wow×TAKT PROJECT×AIR FRAME>」に本学教員の小林茂教授がモデレーターとして登壇します。また、在学生、卒業生が体験型プロダクトの展示、ワークショップを行います。

世界的な楽器メーカーの本社に加え、中小様々な楽器製造関連会社が数多く集積する浜松市は「ものづくりのまち」「音楽のまち」として発展してきました。
そのような中、地域固有の文化や資源を生かした創造的な活動を活性化し、人々の暮らしの質や豊かさを高めていくような新しい価値を生み出すため、
音の可能性に着目した「サウンドデザイン」の取組を進めています。
一昨年に開催した「サウンドデザインフェスティバル in 浜松2017」では本市の音に関するポテンシャルを広く示すことが出来ました。
「サウンドデザインファクトリー in 浜松2019」では、市民の文化芸術活動の拠点である鴨江アートセンターを「音が生まれるファクトリー(工場)」と設定し、
“音をカタチに”をキーワードに、サウンドデザインに関する体験型プロダクトの展示、
ワークショップやパフォーマンス、トークセッションやミートアップを行い、音の可能性をアウトプットする場を創出します。
「サウンドデザインファクトリーとは」より

会期

2019年12月7日 - 2019年12月8日 10:00 ~ 17:00 (サウンドミートアップは7日(土)18:00‐21:00)

会場

浜松市鴨江アートセンター (静岡県浜松市中区鴨江町1番地)
http://www.kamoeartcenter.org/

主催

はままつ響きの創造プロジェクト実行委員会/浜松市

関連人物

IAMASからのお知らせ