IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 プロジェクト 教員

これからの創造のためのプラットフォーム
「狩猟採集民と動物とアート」

10月27日(土)岐阜市 nakaniwaにて、これからの創造のためのプラットフォーム「狩猟採集民と動物とアート」が開催されます。今回は、岐阜大学地域科学部 山口未花子助教を講師に迎え、狩猟採集民にとって「アート」とは何か?それぞれの社会によって異なる「動物の描き方」を比較しながら、そこで何が描写され、社会の中でどのように位置づけられているか、お話をうかがいます。

日時

2018年10月27日 19:30 (開場 19:00)

会場

nakaniwa (岐阜県岐阜市吉野町3丁目17)
http://pand-web.com/nakaniwa/

講師

山口未花子 / YAMAGUCHI MIKAKO

1976年京都生まれ、岐阜大学地域科学部助教。動物に対する深い関心から人と動物との関係について明らかにするため動物生態学や生態人類学、文化人類学の方法を学ぶ。2005年より、カナダ・ユーコン準州の先住民から動物に関する、さまざまな実践を学んでいる。著書に『ヘラジカの贈り物』(春風社)、共編に『人と動物の人類学』(春風社)『動物殺しの民族誌』(昭和堂)など。

料金

500円 + 1ドリンクオーダー
※IAMASでは料金徴収は行いません。

お問い合わせ
関連人物

IAMASからのお知らせ