IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演 プロジェクト 在校生 卒業生 教員

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020

2020年2月23日(日)、愛知県芸術劇場にて開催される「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2020」に、 卒業生の時里充さんが所属する「正直」(小林椋+時里充)がゲストアーティストとして上演します。
また、公募部門において、IAMASタイムベースドメディア・プロジェクトから「日々《変容の対象》アンサンブル」が発表します。

「コンサート」ではこぼれ落ちてしまうような多様な音の作品や、台詞・映像・身体表現を伴う作品など、ひとくくりにはできない新たな音のパフォーマンスを一挙に紹介する場、「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」。ゲストアーティストの2組に加えて、公募から選ばれたアーティスト3組が登場します。今回のテーマは、「音が描く時間」。はじまりから終わりに向かう時間を、観客にどのように体験させるのか。テクニカルな斬新さだけを披露するのではない、通常の演奏では体験できない、多様な音が描く時間に着目したパフォーマンスが集まりました。このプラットフォームでの出会い、衝撃が、 新しいアウトプットへとつながることを期待しています。

正直
『養生テープを「再生」する』
モーターや養生テープ、磁気テープを使い、テープを”巻き取る”、 ”巻き戻す”などの行為を通じて、多様な音を生じさせるパフォーマンスを行う。

日々《変容の対象》アンサンブル
『日々《変容の対象》8月』
前田真二郎による映像作品『日々“hibi”AUG』と、福島諭と濱地潤一が共同作曲した《変容の対象》のコラボレーションであり、ピアノとサクソフォンとリアルタイム映像送出のアンサンブル作品。2009年から19年までの11年間に渡る「8月の日々」。
ピアノ:山内敦子、サクソフォン:木村佳、映像送出:森田了(企画:IAMAS タイムベースドメディア・プロジェクト)

概要より

公演日時

2020年2月23日 14:00

会場

愛知県芸術劇場 小ホール (〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13番2号)
https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/index.html

ゲストアーティスト

正直、ミニスキュル・シングス(立川貴一 + 吉田アミ)と大谷能生

公募アーティスト

みあいっこ、日々《変容の対象》アンサンブル、CORONA

チケット料金

<当日券のみ>
一般 2,500円 U25 1,000円

高校生以下無料(要予約)

申込先:event@aaf.or.jp TEL 052-971-5609(10:00-18:00)

※ U25は公演日に25歳以下対象(要証明書)
※ やむを得ない事情により内容、出演者が変更になる場合があります。

主催

愛知県芸術劇場

関連人物

IAMASからのお知らせ