IAMAS

IAMASからのお知らせ

お知らせ

教員インタビュー「鈴木宣也教授」を公開しました

本学の教員の研究・アーティスト活動に迫るインタビュー企画が新たにスタートしました。初回は、1996年のIAMAS開学時から教鞭をとる鈴木宣也教授です。
鈴木教授は、90年代からインタラクションデザイン、ユビキタスコンピューティング、デザイン思考など、これまでデジタル分野におけるデザイン研究を行ってきました。IAMAS学内プロジェクトでは2018年まで「あしたをプロトタイピングするプロジェクト」を実施しました。

今回のインタビューでは、現在、鈴木教授が力を注いでいる研究分野「ヴィジュアルリテラシー」を中心に話を聞きました。
聞き慣れない「ヴィジュアルリテラシー」という言葉ですが、どうやら鈴木教授によると、自身の育児や郡上市への移住、そして米作りの体験にもつながっているそうです。

教員インタビュー:鈴木宣也教授

スタッフ

インタビュアー・編集:森岡まこぱ
撮影:山田聡(IAMAS産業文化研究センター)
企画・ディレクション:赤羽亨(情報科学芸術大学院大学 准教授)
伊藤晶子(IAMAS産業文化研究センター)

関連人物

IAMASからのお知らせ