沿革

岐阜県は高度情報化政策を掲げ、ソフトピアジャパンと共に産業文化創世の担い手を育てる拠点として、研究教育機関を構想し、1996年に欧州型の専修学校として岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーを設立しました。

メディアマスターを輩出するアート&メディアラボ科、情報専門士を教育するマルチメディアスタジオ科を設置し、アート&メディアラボ科には学部を卒業し全国から新しい横断的研究領域での表現活動や起業を目指す学生を、マルチメディアスタジオ科には、情報技術を活用した表現技術を学びに、地元の高校や他分野の一般社会人、そして、学部卒業後もスタジオ科を卒業してから、ラボ科に進む学生も多く輩出して、情報技術による新しい時代の期待感と共に多くの人材を全国に送り出して来ました。

2001年には、20名の定員による少数精鋭の一専攻一研究科のユニークな教育研究機関として、情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科が誕生し、翌2002年にアート&メディアラボ科は廃止となりました。

両校の英名”Institute of Advanced Media Arts and Sciences”と”International academy of Media Arts and Sciences”の略称から、IAMAS(イアマス)と呼ばれ、日本全国から学生が集まりました。

大学院開学時には附置機関としてメディア文化センター(CMC)を設置し、内外の展覧会や出版活動をすすめ、イアマスをメディアデザインの中心的存在へと高めました。2010年には産業振興も含めた、イアマスのシーズの展開が求められ、産業文化研究センター(RCIC)と名称を変え、IAMASが産業も文化活動として取り込みつつ、地域や全国に向けた新しいメディア表現の発信をおこなっています。

2011年度には岐阜県のアクションプランにより、アカデミーが16年間に及ぶ歴史を閉じました。

情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科は、先進的なアイデアによって地域も巻き込みながら、未来に向けて社会と文化の新しいかたちを提案し実践していくことを目指して、IAMASとしての新しい一歩を踏み始めました。

1996年4月

岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)を設立
アート&メディアラボ科、マルチメディアスタジオ科を設置
坂根厳夫 IAMAS学長に就任

2001年4月

情報科学芸術大学院大学を開設
メディア表現研究科(修士課程)を設置
大学院附置研究機関メディア文化センター(CMC)を設置
大学院大学附属図書館を設置
坂根厳夫 大学院初代学長に就任、アカデミー学長併任
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー マルチメディアスタジオ科 4コース制に改組

2002年3月

岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー、アート&メディアラボ科を廃止

2003年4月

横山正 第2代学長に就任、アカデミー学長併任
坂根厳夫 名誉学長に就任

2005年4月

リンツ美術工芸大学と交換留学生協定

2009年4月

関口敦仁 第3代学長に就任、アカデミー学長併任

2010年4月

大学院附置研究機関メディア文化センター(CMC)を産業文化研究センター(RCIC)に改名

2012年3月

岐阜県行政改革アクションプランにより岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーを廃止

2012年4月

メディア表現研究科スタジオ制から領域制へ変更

2013年4月

吉田茂樹 第4代学長に就任

2014年4月

ソフトピアジャパン地区へ、全学移転